news有酸素運動には注意が必要?!

ブログ

有酸素運動には注意が必要?!

みなさん、こんにちは。

6月も半ばとなり、関東地方は梅雨入りとなりましたね。

入りはほぼ例年通りということでしたが、梅雨明けはどうなっていくのでしょうか?

 

いよいよ夏が始まるわけですが、ダイエットをしている人によくあるミスを今日はお話したいと思います。

それは「有酸素運動」です。

有酸素運動といって思い浮かべるものといえば、ランニング、エアロビクスが有名ですよね。

目標が体重を落とすことになってしまっている人は過度な食事制限を行い、有酸素運動を長く続ける傾向にあると思います。

有酸素運動は筋力トレーニングに比べて、息が上がり、汗をかくことも多く、満足感の結果を得られやすいものです。

その結果、食欲が増進するとも言われており、運動したからちょっと多めに食べてもいいかなと思った人もいるのではないでしょうか。

 

また、その過度な食事制限により、基礎代謝を下回るエネルギーしか摂取できない状態ですと、体は代謝を下げていく傾向が強くなります。

ただでさえエネルギーが不足しているダイエット期間に加えて、有酸素運動で消費カロリーが増える状態になりますので、

防衛本能により生命を維持できるように少ないエネルギーを溜め込むような形になってしまうことがあります。

有酸素運動にもメリットは多くありますが、目標までの期日が迫ってきているために行う過度な食事制限と有酸素運動の組み合わせは避けたほうがいいでしょう。

代謝が下がってしまって、エネルギーが使われにくい体になります。

そうなるとまたさらに有酸素運動の時間を増やしたり、さらに食事制限をしたりと負のスパイラルから抜け出せなくなりがちです。

 

その前に、摂取カロリーの見直し=過度の制限しすぎていないか?

つまり、基礎代謝を確保した上で、適正なカロリーが摂取できているか?を確認する必要があります。

まずは目標となるPFCバランスを設定し、様子を見ながら量を調整していくのがダイエットの一番の近道ではないでしょうか。